あなたは自分の最期を想像したことがありますか?

あなたの住む家、あなたの仕事、そしてあなたの家族や友人…
何気ない日々の生活が当たり前のように流れていく毎日。
でも、その「当たり前」が「当たり前でなくなる」時…病気や障害はある日突然訪れます。

あなたの周りの人がそうなった時、あなたはどうしますか?
あなたがそうなった時、あなたは残りの時間をどのように過ごしますか?
あなたは最期をどこで誰と一緒に迎えたいですか?
あなたに最期に声をかけてくれるのは誰ですか?
どんな状況になっても、当たり前であった毎日を送りたい…
そんなお手伝いをしたいと考えております。
残された人生の時間を一緒に、そして大切に考えていきたい。
それが私たちの願いです。