第1回奈良県サイコオンコロジー研究会

緩和ケアホーム飛鳥の四宮先生にお誘いいただき参加してきました。

サイコオンコロジーとは精神腫瘍学とも言われ、がん医療におけるこころのケアを目的としています。がん患者のみならずその家族の心のケアをも含まれます。埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科の大西秀樹教授が「がん医療とこころのケア」と題して講演され、大盛況でした。

改めてこころのケアの重要性を確認いたしました。医療従事者向け講座もあったのですが、目から鱗がおちる内容でした。今後の診療に役立てたいと思います。

 

「いのちに寄り添う終末期ケアとは」  奈良県介護保険研究会主催

東大寺ミュージアムで講演会が行われました。
内藤いづみ先生の講演のあと、当ネットワーク理事の坂根先生、奈良県看護協会 ホームナーシングセンター長の堀内さん、ご家族を看取られた中井さんでシンポジウムがありました。

非常に心温まるお話と、うならされるお話を聞かせていただきました。

日本在宅ホスピス緩和ケアネットワーク

私も理事の一人として活動しているネットワークの紹介をさせていただきます。

このネットワークのメンバーには拠点病院の医師や看護師、在宅ホスピスを行っている医師や訪問看護ステーションの看護師など緩和ケアに関係する様々な人材が集まっています。このような顔が見える関係を核に下記の活動を行っています。

——ホームページより抜粋—–

日本在宅ホスピス・緩和ケアネットワークは、末期がん患者さんが、限りある期間を自宅で過ごしたいと願われたとき、それぞれの住み慣れた自宅を、最高かつ最良の療養場所とすることを目的として発足しました。その実現のため、病院、診療所、訪問看護、薬局、介護職、行政の担当者等、在宅ホスピス・緩和ケアに関連するすべての人々の連携を深め、医療知識・技術、哲学的要素も含めた意識等、在宅ホスピス・緩和ケアに関するノウハウの研鑽をサポートします。

—————————————

ホームページ

http://www.jhhpcn.com/

講演会の情報もありますので、のぞいてみて下さい。